イタリア留学今話と昔話 LAMIAVITABELLA

イタリア留学今話と昔話   LAMIAVITABELLA

イタリア留学中の大学生です。イタリアのこと、じゃないこと、いろいろ書きます^^

初雪観測マラソン。イタリアマラソン第2弾。

 

 

ローマの記事の途中ですが、忘れないうちに先日のマラソンの事について。

(本当はWi-Fiが繋がらなくて、あんまり沢山写真を載せられないだけ…)

 

2019/09/08

 

9月8日日曜日、ミズリーナ・スカイマラソンに参加してきました!

 

前々の天気予報でもわかっていた通り、

前日から雨☔️

 

前日の土曜日にコルチナに到着して、

そこからバスに乗ってミズリーナ湖まで行って、

受付をしてこようと考えていました。

f:id:KAKINOTANE:20190911025938j:image

 

 

しかし、なんと帰りのバスがない(笑)

1日に3本しかなくて、行ったら帰って来られなくなってしまうと気づきました。

遅いですけど。

 

それで、受付は当日の朝にする事にして、

その日はゆっくりすることに。

 

 

 

 

 

 

そして当日。

ホテルの人が、15キロ先のミズリーナ湖まで車で送ってくれるということで、

朝6時に玄関集合。

ありがたや🙇‍♀️

 

まだ真っ暗な中、

ホテルで働いている人が送ってくれました。

彼の友達で、大阪に住んでる人がいるんですって。

ヴェネツィアの大学で日本語を勉強していて、日本人の女の人と知り合って、

日本に住むと決めたんだとか。

やりますね。

 

 

結構長いこと車で走り、

これは歩きだったら無理だったな、と確信。

 

 

 

 

 

 

 

ミズリーナ到着。

ホテルの人とさよならをして、受付へ。

この時は、そんなに悪い天気ではありませんでした。

小雨が降ってるくらい。


f:id:KAKINOTANE:20190910042048p:image

 

こんなテントがあって、この中で受付↓f:id:KAKINOTANE:20190910041927j:image

ここで、紙袋に入ったゼッケンとビールとTシャツを貰いました。

が、私は身一つで来たので、

それを持ってられないんですよね。

 

リュックはありますけど、今から走るのに荷物増やしたくないし。

荷物預かってくれるサービスはないみたいだし。

しょうがないから、ゼッケンだけとって、

そこら辺に置かせてもらうことに。

 

ちゃんと袋に名前も書いてもらって。

 

f:id:KAKINOTANE:20190911030922j:image

 

そうこうしてると、もう出発の時間。

フルとハーフで、30分の差があったけど、

天候が悪いので、みんな一斉スタートになりました。

f:id:KAKINOTANE:20190910041907j:image

 

みんな早そう…
f:id:KAKINOTANE:20190910042116j:image

てか寒い。

 

8時になり、スタート。

めちゃめちゃ速いわけではないけど、

みんなさっささっさと行ってしまいます。

 

誰がフルで誰がハーフか、ゼッケンを見ないとわからない。

みんなのゼッケンが見えないから

どのくらいのペースで行けばいいかわからない…

 

とりあえず疲れないように、ゆっくり。

 

湖を抜けて、コンクリートの道を少し登り、

山の中へ。

 

いや登山じゃん。

 

こんなとこをトップの人は走ってんのかなぁと思うと、頭が下がりますね。

いやそんなどころじゃない、隠れたいわ🤦‍♀️

 

 

だんだん雨が強くなってきます。

もちろん、景色なんてない(笑)

真っ白😭

 

たまに見える少しの景色で、残りを想像。

 

私の周りには結構ハーフの人たちがいて、

「あれ?みんなもう行っちゃったのか?」

と思ったり。

今思えば、スタートでもう少し前にいるべきだったな、と。

 

 

 

結構登りが続き、、、

 

1箇所目の休憩(?)

山小屋があるたびに、テントで待機してくれてる人達が、あったかいお茶をくれました^_^

計4回ほど。

 

 

f:id:KAKINOTANE:20190910041919j:image

 

風が強くなって、

あられが降ってきて、

遂に雪が降ってきました❄️

 

初雪。

 

これに参加してなかったら絶対外出てなかっただろうな、っていう天気。

 

走ってるからいいけど、

普通に歩いてたら寒いだろうな🥶

 

ハイキングしてる人達もいましたけど、

みんなことことに厚着してました。

f:id:KAKINOTANE:20190910041923j:image

 

 

 

 

 

 

 

私は17時までにゴールしないと、

バスで宿まで帰れなくなってしまうので、

それだけが心配でした。

 

いつまでたっても周りのハーフの人たちと別れないから、

え?大丈夫か?って。

 

最長5時間で半分行かないと、

10時間のリミット内で終わらないから…

 

て思ってたら……

 

 

あれ?ここ走ったくない???

 

 

 

え?あれゴール?

 

 

なんとゴールが見えてきました…

しかも道は一本。

 

 

え?

 

え??

 

 

 

どこで別れるの?

 

え?

 

え?ゴール?

 

 

え?まだよね?

 

え?なに?

 

 

行っちゃうの?

終わり?

 

 

 

よく分からないまま、ゴールに向かう一本道を走ります。

 

そしたら、私の名前が聞こえてきて…

 

あ、終わりなんだ…

 

と理解。

 

 

一応手を上げてゴーーール。

 

 

……んんんんんん?????

 

まじで困惑。

聞いてない聞いてない。

 

あと半分あると思ってたのに(笑)

 

f:id:KAKINOTANE:20190911031108j:image

 

話を聞くと、

天気が悪いから、途中で切ったらしい。

 

速い人達はもう行ってしまったらしいけど。

 

 

だから、結局私がやったのは22キロ。

ハーフの人たちと一緒。

 

はあ。

 

まあ、宿まで帰れるから一安心ですが。

 

 

 

 

 

 

でもここからが大変だった。

荷物を置いたとこに行くと、

紙袋が動いていて、嫌な予感。

 

Tシャツだけ無くなってた。

情けなくないのかね。

こんなの盗って。

 

まあ置いて行った私が悪いんですけど。

盗られるかな、いや盗って欲しくないなっていう期待を胸に置いて行ったので、Tシャツがなくなったことに関しては別にいいんですけど。

 

ただ、残念ですよね。

 

ああこんなところでもそうなのね。っていう。

 

スポーツマンてもっとかっこいいと思ったよ。

 

 

 

 

 

 

 

そしてここからが地獄。

上のカッパは着てたけど、中までビチョビョ💦

下半身は当たり前にビチョビョ💦

 

バスは2時間後🚌

着替えもないし、屋内も寒いし、

本当に震えてた🥶

 

寒すぎて寒すぎて。

f:id:KAKINOTANE:20190910053711p:image

 

やっとバスが来たけど、

バス長い、寒い😨

 

バス停から宿までも遠く感じる。

 

 

宿に辿り着いて、

お風呂直行🛁

 

嬉しいことに、バスタブだったから、

お湯をためてお風呂に。

 

いくら熱いの入れても、あったかくならないくらい身体が冷えてた。

 

お風呂最高。

日本帰ったら温泉絶対♨️

1時間半くらい、そうしてましたとさ。

 

 

 

せっかくフルに申し込んだのに、ハーフになってしまって残念だったけど、

雪も見れたし、

寒くて凍える体験もできたし、

まあ良かったかな。

 

何より、そんなに疲れなかったから次の日をめちゃくちゃ楽しめたのが良かった(笑)

 

またそれは、次の機会に。

プライバシーポリシー