イタリア留学今話と昔話 LAMIAVITABELLA

カッパドキア地下都市。

 

 

 

2019/11/23

 

 

きのこ岩から出て、次に来たのは

想像の谷

 

 

いろんな形の岩があるところ。

 

いろんな形の岩が見えてきます。

 一番大きい岩はラクダ岩。

 

そのほかも想像しますが、

意外と人と意見は合いません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次は地下都市

世界遺産

 

 

 

地下都市はカッパドキアにたくさんあるらしいんですが、

観光用に開いているのは2つ。たしか。

しかも入れる範囲は限られています。

 

 

いざ。

 

この地下都市も結構な階数があるのですが、

入れるのは2階まで。たしか。

 

 

 

中は思ったより広い。

 

こんなような部屋がいくつもいくつも。

 

 

ワイン造りの部屋、

お風呂場、

トイレ、

食糧貯蔵庫などなどいろんな部屋が。

 

 

地下都市は敵から身を守る防空壕の役目も果たしていたそうです。

敵が来たらどんどん下にもぐって行って、

敵には分からない扉を閉めるんですって。

 

これ↓↓

めちゃくちゃ重い、重たすぎる、

もう重いのかどうかも私には分からないくらい重い石の扉。

 

これはこの洞窟の中で石を切り取って作られた扉で、

内側からしか閉められないようになっています。

 

しかも、閉めてしまうと外側からは扉が見えません。

カモフラージュされてるから( ̄▽ ̄)

 

壁にはたくさん穴が開いてるんです。

だから、どれもただの壁の物置に見えるらしい。

ていうか、もしも扉だと分かったとしても開けることは不可能。

 

すご。

 

 

この扉がいたるところにあるので、

それを閉めながらどんどん奥に逃げていくそう。

 

 

アリの巣ってこんな感じなのかな。

って感じでした。

 

 

私たちが見学可能なのは限られていますが、

地下都市自体はこの写真の奥に見える塔まで続いているそうです↓

すごすぎ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとごはんんんんんんん💓

 

 

 

お昼ご飯^^

こんなレストラン。

 

素敵✨

 

 

 

昼食代はツアー代に含まれているので、

ここでは飲み物代とチップだけ払いました。

ここはチップの文化があるらしいので。

 

 

私が頼んだのは、ぶどうジュース。

カッパドキアはワインも有名らしいのですが、

今回はジュース🍹

 

おいしかった^^

 

 

 

ご飯はかなりちゃんとしたごはんで、

まずサラダから。

ピンク色のキャベツ?が特徴的。

漬物みたいな感じ。

他のところでも入ってました。

 

 

 

前菜的な何か。

手前から、豆みたいなカレーみたいな味。

タマネギみたいなちょっと刺激的味。

ヨーグルトと何かが混ざった味。

私は一番手前が好きでした^^

 

 

 

スープ。

豆みたいな味だった気がします…💦

 

 

 

そしてメインの壺ケバブ(牛肉)。

ケバブカッパドキアで有名らしい。

おいしかったです♡

 

最後にデザート。

杏子、いちじく、パイ。

これが問題でした…

イチジクの味が私には合わなくて。。。。

「うっっ…」ってなりながら頑張った。

 

イチジク自体は大好きなんですけどね。

 

 

 

ご飯の時までは他の参加者の方たちとほとんど話してなかったのですが、

ご飯からは少しお話しました^^

 

 

パンがおいしいので、

サービスで出てくるパンももりもり食べてお腹いっぱいになりました👍👍

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この置物の前で写真。

この町は絨毯と陶器で有名。

この置物はそれを表したもの。

女の人は絨毯、

男の人は陶器を作るのが慣習らしい。

 

このあと絨毯の工場(?)へ見学に行って、

次の日は陶器の工場の見学。

 

 

どっちも良かったです^^

明日もまた見てください♡

 

 

プライバシーポリシー